懐かしい家庭料理をお楽しみください。
あなたの未来の元気のために、今日のごはんを作ります。

お帰りなさい、小倉家へ。

※現在の画像は全てイメージです。厨房が完成しましたら、実際の写真をアップ致します。

元祖 かしわすき鍋

旨味と⻭ごたえの〇〇鷄を使⽤し、⽢⾟い九州醤油と砂糖で⾹り⾼く仕上げます。
⽩ねぎ、ゴボウ、焼き⾖腐、シイタケなどの旬の野菜と合わせ、あたたかく懐かしい味をご堪能ください。
〆にはうどんではなく、あえてめしを。
最⾼の親⼦丼のだしとなったところへめしを⼊れ、溶き卵を半熟にしてお楽しみ頂きます。 

おひとり様でもお楽しみ頂けます。(卓上ミニコンロで仕上げます。)
ゆっくりとしたひと時をあったか鍋料理と共にどうぞ。

1人前 890円

小倉家自慢の煮込みメニュー

当店の自慢は多彩な煮込み料理。

どれもお肉やお野菜をじっくりと煮込んだ、手作りのあたたかいお料理です.昭和の味、懐かしいおばあちゃんの味、母の味を再現しました。4

豚の角煮 玉子添え 

脂が旨い!これぞ当店自慢の逸品☆
余分な脂を落としたあとに、お鍋でじっくりコトコトコト・・・
お箸でスッと切れる柔らかな豚ばら肉の角煮は、ご飯のお供にも、日本酒などの和のお酒のお供にも、最高の一品です。

680円

かしわごぼう

上質な醤油と砂糖のお出汁で煮込んだ柔らかなかしわと、懐かしいごぼうの香り。
小倉家定番のホッとする一品です。
和がらしやゆず胡椒なども添えてもお楽しみ頂けます。

580円

小倉がめ煮

小倉の郷土料理の代表格!野菜と出汁の旨味が酒に合う!
かしわを中心に、里芋やごぼう、れんこん、こんにゃくなどのたくさんの具材をしょうゆと砂糖のお出汁で煮しめました。北部九州ではお正月には欠かせない一品。懐かしい家庭の味です。和のお酒と、とてもよく合います。

680円

野菜とおからの特製和風つみれ

手ごねの特製つみれを醤油ベーズの和風あんで。
おからには食物繊維、大豆のイソフラボンなど、カラダが喜ぶ栄養素が豊富です。
レンコンやキャベツなど旬のお野菜、新鮮な合い挽き肉を合わせて、ひとつひとつ手ごねで仕込みます。
醤油ベースのあんかけで、出来立て熱々をお召し上がりください。

680円

定番メニュー

当店では、「植物加工油脂」いわゆるトランス脂肪酸は極力使用致しません。
大切な家族に食べさせる料理と同じ視点で全ての食材や調味料を厳選しております。

かしわの唐揚げ(5個)

これぞ家庭の味!自家製塩麹と生姜のシンプルな味は、昔ながらの懐かしい味です。

600円

タルタルチキンカツ

玉子たっぷり!自家製のタルタルソースでどうぞ。小倉家で一番こってりとした、食べ応えのある一品です。

580円

とろ塩サバ(半身)

脂が乗った鯖の半身を外はパリッと中はふんわりと焼き上げます。たっぷりの大根おろしと共にお召し上がりください。

580円

ホッケの開き(半身)

肉厚なホッケの開きをふんわりと焼き上げます。食べ応え抜群!

780円

ピリ辛なす味噌  580円

ほんのり一味の効いたなす味噌は、懐かしい定番の母の味です。

580円

豚の生姜焼き

生姜をしっかりと効かせた大人の味。お昼の定食でも大人気の一品です。

630円

定番の1品

当店の野菜は、防腐剤や保存料などは当然一切使わずに管理しています。できる限り無農薬。さらに残留農薬などを落とした上で調理しますので、昔の田舎のお野菜のような自然な野菜の味がします。モリモリたくさん、お召し上がりください。

大人のポテトサラダ

アンチョビが隠し味。ビールにもよく合います。少しお醤油を垂らして、ご飯のお供にもオススメです。   

530円

お母さんの卵焼き

20年以上作り続けている家庭の味。出汁巻と卵焼きの中間のような、甘くない家庭の優しい味です。ご注文を受けてから焼きはじめます。

580円

納豆やっこ

冷奴に刻みネギ入りの納豆。間違いなく美味しくて栄養満点。とりあえずに一品にどうぞ。

350円

枝豆

さっと塩ゆでした、シンプルな定番の一品です。

300円

皮酢

たくさんのネギと一緒にどうぞ。ゆず胡椒を添えておりますので、ぜひお試しください。九州発祥の調味料「ゆず胡椒」は、何にでもよく合います。

350円

小倉家サラダ

無農薬の新鮮野菜を自家製の醤油麹を使って作った和風ドレッシングでお召し上がり頂きます。

400円

小倉家のお得なコース

小倉家の自慢のお料理を一通りお楽しみ頂けます。
コースのためだけにご準備する「季節の椀物」も、ぜひお楽しみに。

  • ⼩鉢  
  • ツナポテサラダ
  • 季節の椀物
  • 特製 豚の角煮
  • かしわの唐揚げ
  • 小倉家名物 かしわすき鍋
  • 〆の雑炊

90分 飲み放題付き 4,500円

<小話>小倉家はなぜ玄米か?

小倉家はお昼は日替わり定食のお店。 その時にお出しするごはんは、いつも玄米です。 「えー!玄米なの?美味しくないやん!」 そんな事おっしゃらずに、ちょっと聞いて下さいな。 お母さんは、あなたの健康のために毎日のご飯を作ります。 小倉の玄米ご飯の秘密を少しだけ、ここでご紹介致します。

玄米って、お腹が緩むんじゃないの?

玄米は、洗っていきなり炊くと、お腹を下します。 ↑これを「お通じが良くなった」と勘違いしている方も多いのですが、違います。実は下しているだけです(笑)

え??やっぱり下すの?どうして下すの?

だって、植物の種は、動物のお腹の中に入れられるのは不本意なのです。だから、そのままの形で早く外に出して欲しいのです。 ↑故に、下しやすくなる成分を種は持っています。 それがアブシジン酸です。 この成分は、発芽抑制の成分でもあります。ということはこの成分、発芽しても良い環境になると自然と消えます。 小倉家の玄米ごはんは、丁寧に下処理しています。 その環境を意図的に作るのが「暗いところで最低6時間浸水」です。ですから十分に浸水させてから炊きます。

でも玄米って、農薬が多いでしょ?

当然、農薬不使用栽培の米を使います。 さらに50度洗いを行ってから浸水を致します。 小倉家のごはんは「大切な家族の未来の健康のためのお家ごはん」です。 悪いものを体に入れるような方法は致しません。

もう一つの成分とガン抑制効果の関係

ところで、食物繊維と大腸ガンの関係が1960年代から研究されてきたようですが、その後1985年に、がんを予防しているのは食物繊維そのものではなく、そこに含まれるフィチン酸が多い場合に大腸ガンの発生率が少ない事が報告されています。 フィチン酸は未精製の穀物や豆類に多く含まれます。 ということは、小倉家がオススメする玄米はまさに・・・ ちなみに、ウィキペディアにはこんな記述もあります。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 1998年には京都で、フィチン酸などの米ぬか成分に関する国際シンポジウムが開かれ、フィチン酸の生理作用の研究報告がなされた。尿路結石や腎結石の予防、歯垢形成の抑制、大腸がん、乳がん、肺がん、皮膚がんの予防に役立つ可能性がある。抗がん作用や抗腫瘍作用、抗酸化作用による治療への応用が期待されて研究が進められている。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― どう? 玄米、いいでしょう? 「普段のご飯がコンビニや外食でも、小倉家のごはんをうまく活用して頂く事で、自然と健康生活に近づくことができる。」 それが小倉家の思いです。 お帰りなさい、小倉家へ。

健康と食のスペシャリストが監修

「小倉家」の考え方は、お母さんの心です。 小倉家ができたきっかけとして、「健康生活をよりリアルにお伝えしたい」という、ディアナチュラルの考え方が根っこにあります。 ディアナチュラルとは、小倉北区馬借にて2010年から、自然療法を教え、生活改善のアドバイスを行っているスクールです。そしてその代表が、健康生活を「教える」だけでなく「体験して頂く」ためにオープンしたのが、この「小倉家」です。 小倉家では、20年を超える母としての経験をディアナチュラルの知識と経験にプラスオンして、未来のあなたの健康のために、懐かしく美味しい家庭料理に乗せてお届け致します。 「将来も心身ともに健康でいられるよう、今のくらしを整える。」 ディアナチュラルについて、詳しくはこちらをどうぞ。

Copyright© かしわすき おばん菜 小倉家 , 2019 AllRights Reserved.