無理せずに楽しみながら、本来の健康的なカラダを取り戻す。健康であれば美しい。個別指導とレッスンで、あなたの健康美生活をお手伝い致します。

ディア・ナチュラル

アロマセラピーのこと モノの選び方 健康美について 全ての記事 栄養素のこと

アロマオイルは買っちゃダメ?正しく選ぶための「あぶら」のお話。

更新日:

以前「油・脂・あぶら。私たちがきちんと選ぶ理由について。」で、脂肪酸が体の中で大切な役割をしていることをお話ししました。少しはお役に立てたかな☆

今日は「あぶら」という字がつくものいろいろについて、もう少し一般的なお話を書いてみようと思います。

「あぶら」と聞いいて思いつくものは?

みなさま、「あぶら」や「オイル」と聞いて、何を思いつきますか?

オリーブオイル
キャノーラ油
エッセンシャルオイル
精油
アロマオイル
植物油
バター
マーガリン
ココナッツオイル
ホホバオイル
椿油
亜麻仁油

ざっとあげただけでも、こんなにたくさんあります。では、これらを大きく4つに分類してみましょう^^

脂肪酸

  • オリーブオイル
  • キャノーラ油
  • 植物油
  • バター
  • ココナッツオイル
  • 椿油
  • 亜麻仁油

ワックス

  • ホホバオイル

脂溶性有機化合物

  • エッセンシャルオイル
  • 精油

その他

  • マーガリン
  • ショートニング
  • アロマオイル

それでは、一つづつポイントを押さえておきましょう。

脂肪酸について

  • オリーブオイル
  • キャノーラ油
  • 植物油
  • バター
  • ココナッツオイル
  • 椿油
  • 亜麻仁油

いわゆる油脂のことで、動物性と植物性に分けられます。普段の食生活では、なるべく植物性のものを摂りましょう。さらに、植物性のものは、気温24度のときに液体のものを「植物油」固体のものを「植物脂」と区別したりします。アロマセラピーのトリートメントで使用するキャリアオイルとかベースオイルとか言われるものは、この植物性の脂肪酸です。

また、食用の植物油を選ぶときのポイントは、下の図のオメガ3と呼ばれるものを多くし、オメガ6と呼ばれるものを減らすこと。現状では、ほとんどの方がオメガ3:オメガ6=1:10くらいになっていると言われており、これを1:2~3くらいに持っていけるとベストだと言われています。

オメガ9については、抗酸化作用などはありますが、とくに積極的に摂取しなくても良いかと思います。以前、なぜか流行ったココナッツオイルはこのオメガ9。しかも植物脂。積極的に食べる必要性を私は全く感じません。マーガリンよりはマシですが。

皮膚に使えば、日焼けの炎症予防などにはいいでしょう。だって、南国のものですものね


(画像はネットからお借りしました。)

あ、そうそう。食に取り入れるときの大切なポイントとして、オメガ3は熱に弱いので、非加熱で摂ること。加熱食(炒め物や揚げ物)には、その他のものを使いましょう。

さらに、オメガ3については人体への利用率を考慮すると、植物性よりもEPAやDHAの状態の魚油の方が断然利用率が良いです。

加熱食の時に使うのに、オススメはごま油。ごま油は加熱することによって、抗酸化力がアップします。焙煎していないものは無味無臭ですので、加熱食のときには最適かと思います。

ほか、油脂の人体にとっての重要な役割については「油・脂・あぶら。私たちがきちんと選ぶ理由について。」をご覧ください^^

ワックスについて

  • ホホバオイル

ホホバオイルは、オイルではありません。液体ワックスです。その証拠に、食用のものは存在しません。人の消化システムでは、消化できないのです。ホホバオイルはお値段が少し高いから「高級」なのだと勘違いされる場合がありますが、実はそうではなく、油脂のようにビタミンやその他の栄養素もほぼ入っておらず、それらによるアレルギーが起きにくいから万人に使えるとして「良いオイル」という言い方をされることがあるのですね。

敏感肌の方はどうぞ^^

脂溶性有機化合物について

  • エッセンシャルオイル
  • 精油

植物性で、「芳香性」「脂溶性」「揮発性」の有機化合物を「精油」もしくは「エッセンシャルオイル」と言います。この「精油」と「エッセンシャルオイル」という言葉は「イコール」の関係です。アロマセラピーを学んだ方にとっては、当たり前のお話ですね。

脂溶性の液体だから「油」「オイル」という言葉を使っていますが、1の脂肪酸(油脂)とは全く違うものになります。ですので、精油を「あぶら」と呼んだり、あぶらと同様の使い方をしてはいけません。

例えばアロマセラピーのトリートメントを行う場合は、1の植物油をベースにし、精油を1~3%に希釈して行います。基本的に、原液ではお肌に用いません。

その他

  • マーガリン
  • ショートニング
  • アロマオイル

もうこれは、「その他」ですから、食べ物でもなければアロマセラピーに用いるものでもないものということになります。まずトランス脂肪酸は、人工のものはダメ。(天然物はOK。例えばヤギの乳の脂肪酸に含まれていたりします。)

植物油は液体で、使い勝手が良くない場合があるから、水素添加して異性体を作ったもの。それがトランス型の脂肪酸です。

図のピンクの部分。「摂ってはダメ」となっていますね。ダメです。


(画像はネットからお借りしました。)

そして、不思議な名前の「アロマオイル」。言葉を冷静に分解してみましょう。

アロマ=香り

オイル=油脂や脂溶性の液体

ということは、香りを楽しむためだけの単なる雑貨です。

例えば植物油に化学香料を添加したものや、アルコールに香料を添加したものも、「アロマオイル」と言って嘘ではないことになります。しかし、アロマセラピー(芳香療法)で使う「精油」「エッセンシャルオイル」とは全くの別物ですので、お気をつけ下さいね。

本日のまとめ

ということで、今日の「あぶら」という字が付くものいろいろのお話し、いかがでしたでしょうか。

まずは植物性を選ぶ。中でもオメガ3(EPAやDHA)をふやす。加熱調理ならごま油。アロマオイルは精油じゃない。マーガリンやショートニングは絶対ダメ(お菓子やパンには大抵入っていますよ)。

みなさまのセルフケアに、少しでもお役に立てたら幸いです。

今日もありがとうございます。

□■ご案内■□

このような「健康美生活の作り方」について、具体的な方法をお伝えするレッスンやマンツーマンサポートを行なっております。こちらも是非よろしくお願い致します。

マンツーマンサポートメニューを見る

健康美生活を身につけるための本格的なプロによるマンツーマンサポートです。まずはお試しカウンセリングをどうぞ。お試しカウンセリング90分3,000円〜。

セルフケアのレッスンメニューを見る

ハーブやアロマを使った楽しいワークショップやハーブティーのブレンド体験など、初心者さんでも楽しめる講座をご準備しております。受講料2,000円〜。

ライセンス取得メニューを見る

日本アロマコーディネーター協会、日本メディカルハーブ協会、ハーブティーブレンドマイスター協会の資格取得のためのカリキュラムを学ぶ事ができます。プロになりたい方は必見です。

 

The following two tabs change content below.

杉原 美保

株式会社 アジュレールディアナチュラル
健康美生活の個別指導と自然療法のレッスンで、皆様の健康美作りをお手伝いしています。福岡県内を中心に、下関市内、熊本市内などで活動中です。このブログでは、健康美生活のために大切な考え方についてを中心に発信していこうと思っています。よろしくお願い致します。

-アロマセラピーのこと, モノの選び方, 健康美について, 全ての記事, 栄養素のこと
-, , , , , , ,

Copyright© ディア・ナチュラル , 2017 AllRights Reserved.