「10年後は、今よりずっとキレイで健康!」無理せずに楽しみながら、本来の健康美を取り戻す。個別指導とレッスンで、あなたの健康美生活をお手伝い致します。

ディア・ナチュラル

お肌のしくみと浸透成分、ちょっぴり怖い合成化学成分のお話。

更新日:

日頃のお肌のお手入れは、どのようになさっていますか?使う化粧品は、どのような基準で選んでいるでしょうか。

今日はどんなケアをしたらよいかというよりも、お肌の構造とスキンケアの成分が浸透する条件について書いてみようと思います。少しでも、皆様にとってのスキンケア製品を選ぶときのヒントになればと思います♪

お肌の構造

まず基本のお肌の構造です。

(画像はネットからお借りしています。) 
表皮・・・分子量3000以下の分子を通します。

真皮・・・分子量800程度までの分子を通します。

皮下組織などの血管壁・・・分子量100程度より小さくないと通しません。

お肌の構造について、実はこんな言い方もします。

表皮・・・細胞があるところ

真皮・・・毛細血管、神経があるところ

皮下組織・・・脂肪があるところ

お肌の隙間を通って吸収することを「経皮吸収」と言います。経皮吸収される物質の性質としては、両親煤性(水にも油にも溶ける性質)が好ましいのですが、脂溶性でも浸透します。

コラーゲンやヒアルロン酸はお肌に浸透する?

ここで、市販の化粧品の原材料で良く聞く有効成分について見てみましょう。コラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンE、茶カテキン・・・お肌に良いとされて、よく化粧品の宣伝文句になっているこれらの成分。さて、実際にきちんとお肌に浸透してくれているのでしょうか。

コラーゲン・・・・・10万~30万  ×

ヒアルロン酸・・・・100万以上  ×

コエンザイムQ10・・863 脂溶性 表皮◯

ビタミンC・・・・・176 水溶性  ×

ビタミンE・・・・・431 脂溶性 表皮◯

茶カテキン・・・・・290 水溶性 ×

ポリフェノール・・・221 水溶性 ×

アスタキサンチン・・596 脂溶性 表皮◯

結果はご覧の通り。かろうじて表皮まで浸透してくれるのが「コエンザイムQ10」「ビタミンE」「アスタキサンチン」です。しかし、ここにあるのは基底層と角質層。基底層は、お肌のバリアである角質層を作り出しますので、ここに栄養が行くのは良い事ですね。しかし、根本的なお肌改善をするためには、基底層へ栄養を運んでくる真皮の毛細血管に浸透する事が必要です。

また、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」は真皮層へ行ってそこへ留まらせたい成分のはずですが・・・大きすぎですね。コラーゲンは、コラーゲンは塗るよりもコラーゲンの原料となるものを口から摂取したほうがよさそうですね(笑)さらに、勘違いして解釈なさっている方も多いので、基本のWikipediaより抜粋を。

……………………………………………………………………………………………

《美肌効果について》

コラーゲンを多く含む健康食品が、しばしば皮膚の張りを保つ、関節の痛みを改善すると謳い、「個人の感想」との注釈や「体験談」の説明付きで販売されている。しかし、ヒトでの信頼できるほどの有効性は確認されていない 。 コラーゲンには必須アミノ酸のトリプトファンが含まれておらず、アミノ酸スコアは0である。アミノ酸スコアを考慮した食事やプロテインサプリメント等の方が効果は高い。 コラーゲンを含む食品としては、肉類(特に、皮・軟骨・骨・筋。鶏皮、鶏軟骨、スジ肉)、魚類(特に、皮・骨。サケ、うなぎ)、ゼラチン、ゼリー(増粘多糖類ではなくゼラチンで作ったものに限る)が挙げられている。

……………………………………………………………………………………………

まとめますと、純粋な成分としての上記のものは、そのまま化粧品に添加されていてもお肌には浸透しません。だからメーカーは科学的に成分に手を加え、加水分解やナノ化、ピコ化、誘導体の形で化粧品に添加しているのです。

アロマセラピーの場合

今度は、アロマセラピーはどうでしょう。精油の分子量は大きくても400以下。脂溶性ですから真皮までは到達しますね。キャリアオイルの分子量は1000程度だと言われています。こちらも当然脂溶性ですから、表皮には浸透します。

そして繰り返しになりますが大切なのは、有効成分がきちんと血流に入ってこそ血行促進や細胞に対しての意味がでてくるという事です。

さて、太い血管壁に浸透するのはどれも無理ですが、真皮層の毛細血管になら、なんと分子量5000以下で浸透します。

結論としては、「表皮だけにとどまらせてお面をつけるようなうわべだけの原材料が多い製品ではなく、真皮まで浸透し、血流に乗ってきちんと作用を期待できる原材料を使っている製品を選ぶと良い」ということですね。このことからも、自然のものがお好きな方には、アロマセラピーはオススメです。

お肌のために何を選ぶ?

さて、市販のものをお使いの方には、少し注意点もお伝えしておきます。昨今、ドラッグストアなどでも安いスキンケア製品が取り扱われています。多くの方にとって、それはお財布に優しいから嬉しいかもしれません。ですが、安いにはそれなりの訳があります。詳しくは「有害なものをあなたの体に入れないために知っておくべき考え方」をどうぞ。

さて、化粧品メーカーは、よその工場がお金をかけて捨てなければならない廃油を格安で仕入れ、それを化学合成することによって化粧品の原材料にしています。もともと捨てるようなものだから安くできる、原価を下げられるのですね。だから製品価格も安いのです。ですが、そのようにして作られたものには、経皮吸収、粘膜吸収されると、人体に悪い影響があるものが多いのです。

例えば、

プロピレングリコール(ウェットティッシュなどの保湿剤) 分子量70-80 血管壁を通過

ラウリル硫酸Na(シャンプー剤などの発泡剤) 分子量300程度 真皮まで到達

ホルムアルデヒド(家具などの塗料) 分子量30程度 血管壁を通過

これらは遺伝子異常や発癌性をもたらすので、原液は一般の方は手に取る事ができません。しかし、これらを使うと便利に安く製品を作る事ができるので、国の基準値である「直ちに危険性のない濃度」まで薄めて使用されています。よかったらご自宅の製品をちょっとチェックしてみてくださいね。上記の事から、化学合成された物質はいとも簡単に経皮吸収されますので、人体に有害なものではないかどうか、選ぶときには十分にお気をつけください☆

本日のまとめ

あなたの健康美を守るためのディア・ナチュラルメソッドのひとつ目「有害なものを体に入れない」事。お肌からも分子量が小さい成分はしっかりと体内に入ってしまいます。私たちは自然の生き物。そこに不自然な物質が入ってくるからキレイも健康も損なわれるのです。

この記事が少しでも、製品を選ぶときの基準を考え直すきっかけになってくれたら嬉しいです。

今日もありがとうございます。

□■ご案内■□

このような「健康美生活の作り方」について、具体的な方法をお伝えするレッスンやマンツーマンサポートを行なっております。こちらも是非よろしくお願い致します。

マンツーマンサポートメニューを見る

健康美生活を身につけるための本格的なプロによるマンツーマンサポートです。まずはお試しカウンセリングをどうぞ。お試しカウンセリング90分3,000円〜。

セルフケアのレッスンメニューを見る

ハーブやアロマを使った楽しいワークショップやハーブティーのブレンド体験など、初心者さんでも楽しめる講座をご準備しております。受講料2,000円〜。

ライセンス取得メニューを見る

日本アロマコーディネーター協会、日本メディカルハーブ協会、ハーブティーブレンドマイスター協会の資格取得のためのカリキュラムを学ぶ事ができます。プロになりたい方は必見です。

 

The following two tabs change content below.

杉原 美保

株式会社 アジュレールディアナチュラル
健康美生活の個別指導と自然療法のレッスンで、皆様の健康美作りをお手伝いしています。福岡県内を中心に、下関市内、熊本市内などで活動中です。このブログでは、健康美生活のために大切な考え方についてを中心に発信していこうと思っています。よろしくお願い致します。

-お肌のこと, モノの選び方, 健康美について, 全ての記事
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ディア・ナチュラル , 2017 AllRights Reserved.